ゆはろぐ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜想曲

こんばんは、ショパン先生です。


……おかしいだろ!



ノリツッコミ。第五章しゅうりょう。
ちなみにトラスティベル日記のコンセプトは「女子」です。

-----

第三章と第四章で分断されてたPTが合流するところからスタート。
それぞれの章での出来事を報告しあうのですが。


(´・д・`)<消化不良


第四章はまったくもって問題ない。
第三章関連の話のほうが、終わりに感じたイラっとした気分を、更に煽ってくるのですよ…!

スパイの話は結局明らかになった(なってた?)みたいなんだけど、何故に??
それをみんな知ってるなら、あの人のなにが可哀想なの???
で、それに対して彼女が何に責任を感じる必要があるの????


冒頭のファルセットの叫びにいたく同情した。可哀想です。
で、ラストのファルセットの台詞に(´;ω;`)ぇー…ってなった。
嫌な女は君じゃないだろ。可哀想です。

なぜにあっちが悲劇のヒロインみたいになってるのかなあ。
最期にちょっと庇ったくらいじゃ微妙すぎて同情できないのです。もやもや。


そしてなんでジルバはあんなにモテモテなの。。
まさかとは思ってたけど、クラベス・ファルセットに続く、3人目の恋する乙女まで出現。
でも好かれる理由がよくわからん。アジトで言われてた、カリスマ…性…? なの……?
ラストの彼にもやっぱりイラっとしました。間違ってるよお前の態度は。あれだけ疑っておいて。

好きになれないキャラが引き立てられてて、ちょっとしんどいというか、勿体ないなあと思わなくもないです。仕方ないけど。



対してクレッシェンドさんは無駄に聡明(゚д゚)大変よろしいです。
(↑忘れてたけどこの人、戦闘の時の声が小さくて聞き取りづらかった。なぜに。)
バロック(クレッシェンドさんの国)方面はなんかいい感じで、面白いです。
バロックの問題に対しては、第五章では答えが出なかったので、次の章に期待(゚ω゚)


そういえば全然触れてなかった主人公サイドは、嬉し恥ずかし初恋物語///の様相を呈してきつつ、死亡フラグをそこらじゅうに立ててまわってます。
PS3版で追加になったポルカの新衣装が可愛い!゜+.(・ω・)゜+.゜
着替えるとちゃんとイベント(ムービー)での服も変わるのが、細かくてポイント高いなあと思います。



戦闘面は特に変わらないから感想はありません><;;
強いて言えば第五章から操作できるようになったマーチがべんり。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。