ゆはろぐ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の戦い

  • CATEGORYPortal 2
  • PUBLISHED ON2011/06/01 00:50
  • COMMENT0
ポータル 2ポータル 2
(2011/05/19)
PlayStation 3

商品詳細を見る


Portal 2、はじめました。
よく読んでるブログで絶賛されてたりで、気になっちゃいまして。

ニーアが今アイテム集めしてるところなんですけど……なかなかドロップせず……。
DLCあるからストア再開までDエンド観る気はないし、思い切って新しい風を入れてみようかと思った次第です。
最近ちょっと心が折れ気味なので、日常の疲れを癒すためにも。


どうでもいいはなしですが、タイトル前に出るValve Softwareの画像、めちゃくちゃセンスいいけど怖い(((・ω・)))

-----

ジャンルは「ファーストパーソンパズルアクション
そのまんまです。
実験施設に閉じ込められた主人公が、脱出を試みるはなし。いまのところ。

「チェンバー」と呼ばれるステージごとに、設定された出口に辿りつくのが目的。
出口の扉を開くためにアイテムを特定の場所に設置しなければならないパターンや、出口そのものに辿りつくのが困難なパターンなど、ギミック自体の数は限られてるのに飽きさせないほどのバリエーション豊富な障害が行く手を阻みます。
脱出手段に用いる大きな武器のひとつが、タイトルにもなってる「ポータル」を作れるポータルガン。「ポータル」は二か所に作成することで、その地点を相互に行き来できるようになる、要するにワープポイント。
ただ行き来するというだけじゃなくて、一方のポータルに勢いよく飛びこむことでもう一方のポータルから大砲のごとく飛び出したり、ブロックを投げ入れて遠くのスイッチを押したり。いろいろな活用方法があります。


シングルプレイはCapter5まで進んだところです。4まではネチネチした女ロボットに精神的嫌がらせ(たまに進路妨害)を受けながら「課題としての脱出」をクリアしていき、5からはそれをサボタージュし、本格的に「施設からの脱出」を図る模様です。

ここまで3~4時間かな? いやーー難しい! でも難易度がすごく練られてて絶妙です。
「詰んだよーわかんないよー。゚(゚´Д`゚)゚。」となりながらもうろうろしてるうちに、何度も見たはずのところに新しい発見をしたり、ふとやり方を閃いたり。

たとえばLBPとかとは違って「偶然の解決」の要素がほとんどないので、ひたすら頭をひねる必要アリです。あの予測できなはちゃめちゃなおもしろさ(もちろんステージは練られて作られてますが)とは違って、計算され尽くした理詰めのオモシロさがありますね。
やりごたえがあって、とても満足度の高いゲームだなあと思います。

-----

で、そんなこと言ってたらさっそく木綿が買ってきたというので、協力プレイにゴー! さすが木綿さん、期待を裏切らない。
ちなみにSteamとの連動がひとつのウリなんです、が……使ったことないので特に感想はないです……(´∀`)
※参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/Steam


とにかく協力プレイ。これはもうものすごく楽しいです。オススメ!
考えるのも面白い上に、かなりバカみたいな状況になりがちなので、相当笑えます。なんだろなあ、お互いものすごく真面目に考えてやってるはずなんだけどw

多分同じくらいの知識レベルの人同士でやったほうが面白いんじゃないかな。初見なら初見同士、周回なら周回同士。
やいやい言いながら煮詰まった局面を打開していく達成感が半端ないし、また、”やり方を見つける”ことが一番重要なファクターで、スキルは特に必要としない感じなので。


協力プレイ時には、二人で息を合わせてやらないといけないところのための3カウントタイマーや、場所を指し示すためのアイコンが使えるのですが、これが大活躍。

オフで並んでやる場合(※オフでも画面分割して協力プレイができます。)ならカウントも場所指定もなんてことないですが、ボイチャの場合は多少のタイムラグもあるし、マップがあるわけじゃないので、「ここからこっちにこう行くんじゃない!?」とか言っても、どこだかわかんねーよwって話ですし。


おもしろくて止め時を逃したりしつつ、3コースまで完了。
多分全5コースなのかな? トロフィーもあるのでぜひとも獲りたいところ!

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。